NEWS大好き。NEWSが笑えば私も笑う。NEWSが幸せなら私も幸せ。
Entry
Categories
Archives
Comment
Profile
Material
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Others


スポンサーサイト
2016/01/03

一定期間更新がないため広告を表示しています


教訓。
2007/04/24 22:17
会社帰りにるんるんと本屋へ。
目的は、もちろんヘアカタのてごりん。
男の人が何人か立ち読みしてるところへ、ちょっとどいてよ、どいて!って感じで割ってはいる私。。。きょろきょろきょろ。ヘアカタはどこじゃ?
あーーーーー、てごりんいたーー。と思って、開いて絶叫。
あぁぁぁぁぁ、なんじゃこのてごりん。めーーーーーっちゃかっこいいー。
この1ページ目のてごりんが本当に、本当に、スーパーかっこいい。
これ、欲しいーーーと思ったんですが、我慢、我慢。

今週もシゲットを聞くことができましたーー。るん♪
ありがとうございます。m(__)m

あ、一緒にまっすーのラジオも聞かせていただいたんですが、もちろんまっすーラジオも初めて聞いたんだけど、しげのラジオとぜんぜん違うくって笑っちゃった。


★GWが休みなのか休みじゃないのかわからないしげ。
(雑誌の取材以外になんかあるの??ヤーのロケか?気になる。気になる。)

★映画(蟲師)を見て、映像はきれいだったけど、話は最後急に終る感じでどうやらいまいちだったらしい。
(まだ上映中の映画なのに、この感想はええんかいな。(苦笑)何気に上目線のしげあきさん。。)

★漫画(ボーイ?)って漫画が大好きってことで33巻まとめ買い。しかも3日で読んだらしい。
(リッチだなーー。でも、私も昔ワンピースのマンガにはまって30巻くらいまとめ買いしたかも。。。私は、1日で読んだもんーーーー。)

★都市伝説を読んだしげあきさん。すかいらーくの看板の豆知識やら徳川埋蔵金やら服部半蔵の話やらとにかくおもしろいらしい。。。
錦戸君が知識持ってるなーーって思ったらこの本を読んでたんだよねーー。ははは(笑)
同じところから入手してるじゃーーん。(笑)
(なんか、とーってもおもしろうそうなので、明日本屋へいってみようっと。)

★最近キーボードを買ったしげあきさん。昔習ってたんだってー。
ピアノといえばロングバケーションの瀬名さんの曲を弾きたいと思い、レンタルショップに行ってがっぽり借りてきた。
あのドラマすげーーー!!さすが日本を騒がしたドラマだけある。
当時しげは9歳。。小学3年生(遠い目)
覚えてるシーンもあるけどほとんど覚えてない。
(ジェネレーションギャップを感じる今日この頃。当時しげは9歳。はぁぁー。でも、私もあんまり覚えてないの。だからしげとお・そ・ろ・い(笑)
あれ、何歳の時なんだろう。当時のキムタクの年齢聞いたらわかるんだけどな。あは。
ピアノといえば、こや。1年前ピアノで弾き語りしてなかった?いつかコンサートでしないかな?って思ってたけど、次のコンサートではしげがやらないかなー。
しげはいっつもソロをしっかり作り上げてきてくれるからすっごい楽しみなの。)

はがきのコーナーって言うかエロオヤジコーナー(笑)
★塾の先生に恋しちゃった14歳、中学生の女の子のはがきを読んで。

いやーー、なんかエッチだねー。エッチじゃないですかー。俺だけ?
なんか先生と恋って言うのが、もう俺の中でエッチなんですよー。スケベっていう。
ピュアなんだと思うんですよ。なんか、、あ、わかった俺男目線だからなんだ。
男目線で塾の先生が女ってなんかエッチじゃないですか。
女の人が男の人に惚れるのはピュアだと思うんですけど、男が塾の女の先生に惚れるって言うのはかなりエッチな気がするんだよねー。
高校教師ってドラマあったじゃないですかー。すごいピュアなんだけどエッチという。
エッチだったでしょ、あのドラマ。なんか壮絶なドラマだったでしょ。
なんか、俺ぜんぜん相談にのれてないね(笑)
えーーと、妄想膨らんじゃって(笑)
えーーとこの気持ちどうしたらいいか。
いやーー、難しいね。塾の先生に告白して振られたらもう勉強できないもんね。
でも、この時点でお前塾に何しに行ってんだよーーって僕は思うので、えーーー、告白して塾の先生を変えるのが良い手だと思います。
どうなんだろうねー、告白とか特に無理じゃないと思いますよ。
それか、中2でしょ。これ何塾?進学塾なのかな。(ちょっぴり悩みながら)
たとえば、進学塾なら受験に受かるまで頑張って、受験に受かって告白。塾に行かなくなって告白ね。よくあるじゃないですか、俺のまわりのまわりくらいでよく聞くんですけど、先生と結婚したーとか、あるんだねそういうの。
学生の時とか結婚できないから、卒業してからって言うじゃないですか。
どうやって、そーなるの?って感じなんですが、俺は。
どんだけかわいい先生がいてもそうならない、俺はね。
けど女子高だったら仕方がないのかな。だから、そういう感じで塾に行かなくなってから、変えてから、終ってから告白するのがいいんじゃないかな。
でも、14歳だもんなーーー。
どうなんだろうなー、難しいかもなー。でもふられてもいい思い出になると思うよ。
中学生の恋愛は。
あ、俺今良いこと言ったわー。(笑)

(えーーー、このラジオに恋愛相談をしても無駄かと思われますが。。。だって、最初は妄想クラブで、結局ふられても良い思い出になると思うよ、中学生の恋愛はって、この子はふられるんかいなーーーーー!?もう、ラジオに向かってつっこませてもらったわ。なーーんて自由な、ラジオなのーー。この相談した子もラジオの前で、えーーーーって思ってるよ。(笑)個人的に、これ何塾?ってボソっと言ったしげがツボです。何塾?っていったい何塾があんねーーーんと遥か昔に学生を卒業した私はびっくりしたよ。いかにもしげらしい発言で好きです。すいません、マニアックで。でもこの恋愛相談のところ、すっごいおもしろかったです!!

教訓、しげらじおに恋愛相談しても無駄。(笑) )


NEWS的になんもない。
加藤成亮的にもなんもない。

ぐすん。




差し入れ。
2007/04/22 02:05
海猿を見忘れたのがすっごいショック。
外に行ってて録画忘れてたから全部見れなくて大ショックだったから今度レンタルに行こうっと。
今日は友達とラーメンを食べに行って、類派か道明寺派かと熱く討論してきちゃいました。
ぜーーーったいに類派だっつーの。
友達が道明寺派だったので類のいいところをいっぱいいっぱい言ったのに伝わらず、白熱しちゃいました。

ってことで3月はなかった亮ラジオ。
簡単ですがレポをしてみましたー。

〜NEWSニッポン〜

3月10、11日大阪であったコンサートの話になりパーソナリティのうらうらに来たんですか?と聞く亮ちゃん。
※うらうらはいつも行くっていうけどほとんど行かない人。(笑)
やっぱり、うらうらは来てなくって、もう一人のパーソナリティのジャエイミーは行ったとの事。
コンサートの感想を聞かれ、
ジェイミー「すごくよかった、空飛んでた。」
浦「空飛んでた。みんなで宙ずり?」
亮「そうです。僕が一番最初にばーーって飛ぶんですよ。」
(そっかー、確かに紅く燃ゆる太陽って亮ちゃんが飛んで、ちょっとしてからしげこやが飛んでたなーーー)

ジェイミーがもう一度感想を言う。
ジ「最高でしたよー。かっこよかったし、感動した。」
浦「帰るか!!」
ジ「帰らん(笑)」
浦「すごかった、かっこよかった。ぜんぜんラジオ聞いてるからに伝わらない。」
ジ「素直でしょ?」
浦「今聞いた?」
亮「素直ですよね。そう言ってもらえるのが一番嬉しいです。」
と、結局来なかったうらうらの味方はしない亮ちゃん。(笑)

コンサート中ジェイミーを見つけて手をふった亮ちゃん。
ジェイミーはどこでも見つけられるらしく、歌ってる途中に
「あ、ジェイミー」って感じで見つけられるそうで。。。。うらやましい。

亮「それだけ多くのお客さんの顔を見てるってことですよー。」

ジェイミーは楽屋見舞いも言ったそうで、なんとそこではミューパラでお誕生日プレゼントにあげた紺のバスローブを着てたそうです!!

亮「僕今回のツアー全部あれ着てますからね。」



いろんな各地回ってるとおいしいもの食べるの?

亮「いや、あのね僕らNEWSはいつも基本的に外でてご飯は食べないんですけど、みんなで一人1箇所づつさしいれもってきたりとか」

浦「へーーー。じゃあ、楽屋がお土産祭りみたいになってるの?」

亮「そうそう。まー、そういう企画なんですけど。」

浦「何がおいしかった?」

亮「えーーとね、何がおいしかったかな。僕は、大阪城ホールと鹿児島と、ちゃうわ鹿児島ちゃうわ、福岡が担当やったんです。」

浦「担当の場所があるんだ。亮ちゃん担当が大阪と」

亮「大阪と、福岡。で、横浜アリーナの時はそんなんなかったんですよ。」

浦「一発目の2月17日、18日のね。」

亮「大阪城ホールの合間のときにいきなりたこ焼きを持ってきて。ちらって聞かれたことあったんですよ。こう、横浜アリーナの時何が良いかな?って。たこ焼きでいいんちゃう?って俺言ったような気がするんですよ。」

浦「ちゃんと選んではいるんだ。」

亮「そうです。」

浦「たこ焼きですから、大阪はだいたいおいしいですよね。」

亮「でも、なんか大阪やからたこ焼きって言ってる俺がなんかサムイなーって思ってね。」

浦「いや、でも寒いけれでもこれが大阪らしいと思ってくれるでしょ。全国の人は。で、福岡は?」

亮「僕、めんたいこ。」

浦「べたやねーー。大阪たこ焼き。福岡めんたいこ。もうほかの追随許しませんね」(笑)

亮「ご飯と明太子食べました。みんなで。」

浦「べたやけど、合うのよねー。」

亮「おいしかったですよー。」

浦「おいしかったけどこれめっちゃくっちゃおいしくってどうたらこうたらって話すほどではないよね。」

亮「うん、いや、俺そん時ご飯4杯くらい食べました。」

浦「えーーー。」

亮「俺、明太子好きなんです。」

浦「聞きました?今度の楽屋見舞い明太子。それとあったかいご飯。もちろん炊飯器付き。」(笑)

亮「お願いします。」

どうせうらうらは来ないでしょーーーと言う亮ちゃん。



浦「NEWSは3月21日に星をめざしてがリリースされて、シングルオリコンチャート初登場1位獲得で連続7回って記録を打ち立てましたけど、」

亮「はい!」

浦「コンサート終ったら一旦活動は、先の予定はないんですか?」
(おーー、うらうらたまにはいいこと聞くじゃないかー)

亮「いまんとこないですよね。またみんな多分個々で少しずつ頑張って、」
(ガクン)

浦「そうですか。」

亮「はい。」

浦「それぞれドラマもあるし、」
(それぞれ????ぴぃたんだけだぞ。)

亮「そうですね。」

浦「次のシングルがいつ頃になるとかも?ぜんぜんわかんない?」
(それ知りたい、知りたい。)

亮「わかんないっす。上層部に聞いてください。」
(聞けねーーから聞いてるんだよ)

浦「上層部に聞くチャンネルが僕にはないんでね。」
(きゃ、うらうらと以心伝心。もっと言ってーー)

亮「あー、」

浦「亮ちゃんがまた来てもらった時に、そんな情報も仕入れてもらったらって思います。」
(私からもお願いします。)

亮「ま、9月。。。」
(えーーーー)

浦・ジ「え!?」

亮「嘘ですけどね。」
(嘘かいな。苦笑)

浦・ジ「(笑)今、すごい情報、ファンの人今え!?って」

亮「嘘です、嘘です。」

浦「嘘です。」

亮「まだ、わからないです。でもできるだけ早く出せたらいいですけどね。」
(うん、うん。ちゃんとおとなしく待ってるんで、エイトコンが終ったら頼みますよー)

浦「亮ちゃんエイトもありますからね」
(そうなのー、私エイトとの掛け持ちOKなんだけどそんなロングで長い地獄スケジュールのコンサートは正直もうこれっきりにして下さい。NEWSの活動にすっごい支障がでるので。(爆))あ、正直な意見すぎました?えへ、笑っとけ(笑)

来週はエイトの話をするそうです!!

最後星をめざしてをかけて終わり。

差し入れ制度をちょっと整理してみたり。
大阪・・・亮ちゃん。→ たこ焼き
仙台・・・しげ。→ 牛タン 
名古屋・・てご。 → 味噌煮込み
広島・・・まっすー。 → 広島焼き
福岡・・・亮ちゃん。 → 明太子。
鹿児島・・
北海道・・

こやとぴぃいたんがどっちかなんだろうな。
しかも、鹿児島は私行ったんだけど、差し入れの話はしてなかったよね??
豚しゃぶをしげが3皿食べたって記憶しかないんだけど。。。はて?
亮ちゃんだけ2回担当が回ってきたんだね。

きっとねーーー、これってねーーー、DVD用のネタだと思うのよ(にやにや)
嵐ちゃんのDVDは3枚組なんだよね??
NEWSちゃんも3枚組みにしちゃえばいいんだよー。
1枚目は・・・この春コンのDVD。
2枚目は・・・この春コンの裏DVD。(楽屋裏とかとかとか)
3枚目は・・・今までのコンサートの没映像。
わーーー素敵。お宝DVDになること間違いなし。

って、何の話をしてたっけ?

あ、思い出した。
ってことでやっぱり当分NEWSちゃんの活動はないみたいです。


llllll(-_-;)llllll ずーん



ガラスのハート。
2007/04/17 23:30
最近、体をぜんぜん動かしてないから運動しないとなーーーって思ってた私。
そんな私が、昨日チラリズムの映像を見ながら、そーだーちょっと踊ってみようかな?とふと思い一緒にみようみまねで踊ってみたら結構運動になるのーー。
で、何回かやって終了。
すっごい楽しくって、おまけに運動にもなるってすごーーーい。
当分、チラリズム体操続けマース。ちなみに私はリズム感、音感ゼロなんでしげになったりこやになったりと自由に踊ってます(笑)

やまぴーのドラマを見たよ。
おもしろい、おもしろくないかは2話に持ち越すよ。
リーダーががんばってるドラマが大成功に終わりますように。
ぴぃたんはめーーっちゃかわいかった。(笑)

コンサートも終り、寂しい日々を過ごしてる私にとーーーってもうれしい奇跡が2つありました。

。砲舛磴鵤裡釘廝咾聞けた。(笑)
今まで、すっごーーーい雑音で聞いてるのがつらいぐらいだったのに、昨日はりきって聞こうってスタンバッてたら雑音はあるけど結構普通に聞けたの。
わーー、しげ様がNEWSちゃんに会えない期間に浮気しないようにって取り計らってくれたのかなー。らん♪
そんなKちゃんNEWS、やっぱり普通に亮ちゃんに無茶振りされてるしげがかわいかった。しかもちゃーーんとのってるの。羽賀けんじーーーーって(大笑)
しかも、中途半端だしね(笑)

△海譴一番の奇跡。
シゲットが聞けたのーーー。
もちろん自力では聞けない地域だから無理なんだけど、お力添えがありまして、ご好意にも甘えさせてもらって。
私は、人にはなんのお力にはなれないんだけど、たくさんの方に助けてもらいながらNEWSちゃんの応援を続けさせてもらってるんだなーーってよく思う。
本当にありがとうございました。

で、シゲットなんだけど、うふ、しげが話してるーーー(あたりまえ)
なかなかぶっちゃけトークしてるしげがかわいいの。

しげのソフトモヒカンヘアーに対しての反対意見。
ペンネーム亮ちゃん愛してるってこの時点で腹が立つんですけどねーー。とさらって言うしげが好き。
カーラジオの時の髪型がすきみたいだったみたいなんだけど、しげ曰く、つべこべ言わずに付いてこい!!ですって。
きゃーー、付いていくって言いたいけど、去年の秋みたいな変な髪形になっちゃったらしばしてごりんに浮気させていただこーかなって。(笑)

なんか、ギターの話を熱く話すしげ。
あ、この感じ久しぶり。
どんなに大好きな人が話してても、まーーったく興味がない話だと、だんだん相槌も打てなくなる感じ。
ま、そんな感じです。あは。
リスナーが減らないようにぐぁんばれーーー。

しげーーー、TRUE COLORSを知らんのかーーー。
CYNDI LAUPERの名曲だよーー。
Kもええけど、やっぱりCYNDI LAUPERのあの声で歌うからいいんだよー。
ちなみどーでもいい話だけど、小さいころに見たグーニーズって映画の主題歌を歌うCYNDI LAUPERを聞いて以来ぷちファンです。

最後にお仕事の告知コーナーがあるのかな?
しげ「大学に専念させていただきますー」
えーーーーーーーーーー!!
今は、履修登録期間で忙しいらしいです。いかに楽するかって。

あーーー、普通の大学生みたいな会話だな。。。。

なんか、告知ができたらいいですね、再来週くらいには。。。

本当だーーー。お願いします。


いいもーん。
2007/02/25 01:02
本日USJなるところへ行って来ましたー。
ここずーーと暖かかったのに本日は激寒で、対岸あるドームでグッズを買ってる人も大変やろうなーなんて思いながら私も震えながらアトラクションに乗るため並んでました。
ちなみにドームコンは行きませぬ。1日だけチケットが手元にあったんですが、エイトのことを大好きなお友達にお嫁にだしました。
私、はっきり言ってド貧乏です。(笑)

なにやら、レコメンのしげこや、マスターヒッツのしげこやがウルトラ可愛かったみたいで。。。
もし、宝くじで3億円当たったら(M誌のネタにのっかります)私は迷わず、関西のラジオ局をのっとるか、または関東のラジオが聞けるようにします!!
NEWSのラジオ全国放送を・・・。(切望)ね、れいさん。

って、ことで先週はNEWSコンでいっぱいいっぱいだったからすっかり忘れていたミューパラ(爆)
相変わらず適当で読み直してないので誤字脱字だらけですが。。なんとなくな感じで。(笑)

浦『こんばんはー』
亮『こんばんはー。錦戸亮です。』
浦『京セラドームでコンサートやってきて、明日も朝からですよー。どうですー?』
亮『いやいや楽しかったですよー。まー見えないハプニング、もしかしたら気づかれてるハプニングもあったかもしれませんが、すごいいい感じでしたねー。』
浦『先週は、エイト、NEWSの活動を聞いたんですが、今週は亮ちゃんのちょっといい話を聞きたいと思って』
亮『ちょっといい話・・・。えー最近年明けてからまー何もしてないんですよ。これと言って。。。2つのグループのリハーサルの掛け持ちをして、ライブやってます。また、こういう現状に戻れたことが僕にとっては良かったなと思いました。』
浦『はい。』
亮『で、なんか無いですか?(笑)』
浦『聞きたいこととか?』
亮『なんか聞いて下さい。』
ジ『なんかー12月の時に犬を飼いたいと言ってましたがどうなったの?』
亮『あーー言ってました。あれはね?やっぱり僕いろんなことを想定したんですよ。やっぱり犬を飼うってことは、20年?15年?くらい愛し続けて、死んだ時もその悲しみを全部受け止めないとダメじゃないですか。死ぬ前提で飼わなければならないじゃないですか。』
浦『いやー、死ぬ前提で飼わないといけないことないけど。』
亮『いや、僕はそう思ったんですよ。』
浦『死ぬ前提で飼うんじゃなくて、死ぬまで面倒を見る気持ちはありますけど。』
亮『そうそうそれはありますよ。』
浦『死ぬなんてことは想像できないですよ。今の状況では。』
亮『うん、でも怒られたんです。僕。』
浦『そこまで受け止められるのか。と』
亮『小学生みたいな感じでしょ?ちゃんと面倒見れるのかって。(笑)』
浦『誰に?』
亮『あのー、友達に。男の友達。』
浦『へー。』
亮『んで、どうしよっかなーって思ったんですけど。』
浦『僕もやめた方がいいっていいましたよね。一人暮らしなんだから。』
亮『そうですねー。でも、そういうことを言われて揺らいでる僕やったんなら飼わんほうがいいって思ったんですよね。』
浦『なるほどね。命っていうものがね』
亮『僕、そこからいろんな計算をしたんですよ。犬と一緒にいて癒されたりとか、すごい寂しい時に寂しくなかったりとか、そういうのを+として、死んだ時の悲しみとかを−としてどっちが重いのか。』
浦『いやだ。その計算が嫌だ。それは飼わんほうがいいわ。』
亮『それやったらやめとこって思って』
浦『それ、賢いわ。』
亮『これは、あんまりいい話じゃないな。』(笑)
浦『メリット、デメリットを考えてるようじゃ飼わない方がいいわ。』
亮『命の精細さを僕がわかったふりをするからこう言ってるだけかも知れないですよ。』
浦『違う。命の大切さをわかってるからそういうことが言えるんだわ。』
亮『いやいやいやいやいやいやー。』
浦『命の大切がわからないと動物は飼えないですからね。』
亮『一個思い出したことがありまして、してることがあります。言ったことがあるかもしれませんが、BCCあるじゃないですか。』
浦『イギリスの?』
亮『そうそうそう。あれの、ライオンのバトルフィールドってやつを買って一人でずーーーーっと見てましたよ。』
浦『BCCのドキュメンタリー?』
亮『そうそうそうそう。それを見てましたね。なんかね、1個最初に買ったんですよ。BCCじゃないやつを。なんか変なアフレコみたいなやつで、(お母さん待ってよー)(なんかちょっと高い声で(笑))ライオンがしゃべってるみたいになってて、全然おもしろくないんですよ。』
浦『もっと、野生の趣を味わいたいのに。全部人間になってるのね。』
亮『で、買ったライオンバトルフィールドってのは当たりでした。すごいおもしろかったです。』
浦『どんな内容なん?』
亮ちゃん説明する。かなり熱く(笑)長いので簡単に。
サバンナの中にあるライオンの縄張り?プライドにはオス2頭とメス7頭くらいいる。
群れに属さないのはオスのみ。これをノマドと言うらしい。
ノマドは2頭いて、オスが1頭でいる時に来て、戦って買ったらプライドごともらえる。
オスはお○ッコをする時に足にもかける。俺の縄張りだぞーーーって。
亮『めーっちゃお○ッコでるー。大量に。ずーーとだしてるもん。どぼどぼどぼどぼどぼーーって。』(笑)
ちなみにライオンの遠吠えは8kmぐらい届くらしい。

一人で昼飯作って、から揚げを食べながら亮ちゃんはこのライオンを見てるらしい。。

浦『昼飯作ってって昼飯何作ってるのか興味あるんだけど、から揚げ作ってるの?』
亮『からあげは、あの冷凍食品。冷凍食品のから揚げ大好きなんです。』
浦『チンしてね。意外とおいしいよね。』
亮『それとなんかご飯作ったりとか、それはまーなんでもいいですよやん。僕の食生活なんかどうでもいいですやん。』
浦『そっちが知りたい。』
亮『どうでもいいですやん。』
浦『BCCの番組おもしろいと思って聞いてたけど、それほどでもないような気がするんだよね。』(爆)
亮『僕の話し方がすごいんでしょ。』
ジ『私、見てみたい。』
浦『だって、お○ッコじょぼじょぼするしか印象に残ってないもん。』
亮『いや、でも俺もそれが一番印象に残ってる。』
浦『お○ッコ、じゃーーって出てるのを見てから揚げ食べてるんでしょ?』
亮『そう。』
浦『おいしいの?』
亮『超上手いですよ。俺は幸せやなって思いました。ここのこんな生ぬるい場所で過ごしてて。』
浦『ライオンに自分を置換えてみると、すごい幸せやなと。でも、芸能界のサバンナみたいなものじゃないですか。』
亮『いやー、でも野生に比べたら終わってるでしょ。終わってるっていうか生存競争が野生の方が厳しいじゃないですか』
浦『芸能界も弱肉強食じゃないですか。』
亮『それはそうですけど、』
浦『この映像を見て俺はどのシチュエーションにいるんだ、ノマドなのか、プライドの方なのか?そこに行こうとしてるライオンなのか?思ってないですか?』
亮『いやいや思ってないですよ。俺、そんなかっこいいことばっかり考えてないですよ。俺、なんでそんなシュミレーションしなあかんの?あほじゃないですか。昼からなんもしてないのに、飯食いながらそこまでくみとってくれるんですか。』
浦『そこまでくみとるのが僕の仕事ですから。』(笑)
亮『今回は、全然いい話じゃなかったですね。』
浦『いえいえ。』
亮『僕の日常は垣間見れたでしょ?』
浦『最後に、曲を紹介してもらいたいのですが。』
亮『はい。じゃあ今日はNEWSの新曲の』
浦『先週聞いてもらいましたー。NEWSの新曲。』
亮『はい。ではフルコーラスを2回。』(笑)
浦『いやいや、多分先週もフルコーラスでおかけしてるんで』
亮『マジっすか?』
浦『まー2週続けてもね。NEWSの新しい曲だしね。』
亮『3月21日ですからー。』
浦『そうですよー。なかなか皆聞けないですから。』
亮『聞く機会もないと思うんで、今いっぱい。』
浦『では、かっこよく曲紹介を。』
亮『はい、ではNEWSでほすをめざして。』(亮ちゃんかんだーーー)

亮『ほすをめざして・・』(笑)
浦『ほすね。きいてもいますか。にしきど りょうちゃんでしただー』(なまった感じで)
亮『ありがとうございました。』


と、かなりどうでもいいライオンのお話を熱く語ってる亮ちゃん。
まえ、聞ジャニでちょっとライオンのDVDの話をしてたな。。(かすかな記憶で)
まー、私は勝手にライオンキングのアニメで想像しておりましたが。
まー、私自身そこまで興味がないだなー、確かにお○ッコじょぼじょぼしか記憶になりような。(笑)

亮ちゃん、犬を飼うのにそんな計算を!!(驚愕)
まー一人暮らしで犬を飼うのは大変だし、留守しがちだから無理だよね。

先週星をめざしてを流してたんだね。
亮ちゃんがNEWSの曲を流してくれるのを久々に聞いて嬉しかったな。
しかもめずらしく2回続けて。

エイトのドームも楽しかったらしく、ってこれは本当に昨日取ってるんだろうか?(笑)
そんなに前にはとってないけど、放送日にとってるとはあんまり思えないんだけど、ま、いいか。うん。
今日も頑張ってねー。

いつも拍手ありがとうございます。
まきさまへ

続きを読む >>

錦戸亮。
2007/01/28 01:00
今日は1日にっきどさんに振り回されたー。
亮ちゃんの髪型は黒のまんまでOKなんだけど、しげは?と心配になったけど、あれは亮ちゃんだけと勝手に解決しました。
しげの髪型だけでこんなに浮き沈みする自分がちょっと面白かったです。
いやー、なんてったて私のここ8ヶ月の悩みでしたからね。

さて、今月1回しかないミューパラ。
省略しつつ全部は無理だからNEWSのところは必死にレポしてみました。


関風ファイティング

.▲謄鵐轡腑鵐廛蝓璽困力叩
浦々(パーソナリティの人)は見れなかった。なぜならミューパラとがっつりかぶってたから・・。
2人の恋の行方は
プラトニックな感じだけど心はだんだん近づいてきてるんじゃないか。
浦々、続編ある?
亮『あるかもしれないけど、ないかもしれない。でも、次はどんな理由で行くんでしょうー』

関風ファイティングがミューパラで新記録を樹立!!
なんか5週連続1位とかなんとか・・・。
おめでとーー。

エイトがでたら歓声が大きくなるって噂を聞いた浦々。
亮ちゃんどっから出た噂ですかーーー(笑)

浦々『ジャーにズ事務所は今、関ジャニエイトがしょって立ってる!!』
亮『いやいやそんなこと、すぐ否定して下さい。』(焦る亮ちゃん・笑)
浦々『笑・問題?』
亮『すぐ否定して下さい。』
浦々『亮ちゃんが言ってるんじゃなくって、アナウンサーが言ってるだからいいでしょー』
亮『いやいやそれを黙ってきてる俺は絶対だめ。』
浦々『笑・それは否定しなきゃだめなんだ。』
亮『そんなことないですよー。いろんな先輩の足跡を僕らがたどって行ってるだけです。まだまだたどって行って、違う道にちょっとづつそれて行こうかなーって段階ですからね。』
浦々『先輩作っていった道、それを歩んで行って、先輩がたどり着いてない道を、今後行かなきゃ、みたいな。』
亮『そうです。違う道でもいいですし、どっかでターニングポイントがあるはずですから。』
浦々『違う道?例えば』(食いついてくる浦々)
亮『えーー、そんなんないでしょ。そんなんはー後々振り返ってからわかるもんじゃないですか。船の運転もそうでしょ。・・・』と亮ちゃん節で乗越えようとする。(笑)

必死に否定してる亮ちゃんがかわいかったの。
でも、本当は思ってるんとちゃうの?(笑)
エイトは既に違う道を歩いてると思うんだけどなー。

このあたりで、おいおいNEWSの話はせーへんのかよーーって思った私。でも、いつもバックに曲が流れてるのになぜか曲がかからないの。
も・もしかしてー?

浦々『年明けNEWS復活!!』
亮『そうです。ありがとうございます。』
NEWSニッポンがバックに流れる。
浦々『どうですか?』
亮『どうって?』
浦々『活動休止から。』
亮『いやー、なんかね、なんでしょう。最初は変な感じでしたけど、僕そのー、NEWSがドーム出る前に円陣組んでたんですけど、関ジャニエイトの円陣の組み方をやってしまって、あ、違うと、忘れてましたね。』
浦々『あ、違うんですね。』
亮『すごい悲しかったですね。自分が何やってんねんやろーって。』
浦々『NEWSから心が離れてた自分がちょっとあった?』
亮『そうですね。ちょっと忘れちゃってましたね。』
浦々『どんどん、どんどん仕事が出てくるもんね、エイトやりながらNEWSもやんなきゃいけないわけで、また元に戻るのはしんどいですよね。肉体的にも』
亮『そうですねー。なんかねー、雑誌の取材とかするじゃないですか、いっつもこれはエイト分、NEWS分って分かれてるんですよ。この頃はずーっとエイト分だけやったから、久しぶりにNEWS分もあるからーって言われて、基本的に取材が皆の2倍あるんですよ。』
浦々『そうやって考えると、このミューパラはすごくめずらしいよね。NEWS分なのかエイト分なのかよくわからないままきてますね。』
亮『どうなんですか?錦戸亮として来てるんですかね。』
浦々『錦戸亮なんですよ。両方なんですよね。』
亮『ありがとうございます。ほんまにーね。』
浦々『自分でわけわけしながらやっていかなきゃいけないことなんでしょうけど。NEWSの再始動って事で春のコンサートも決まってるんですね。』
亮『はい。』
浦々、コンサートの告知。
浦々『しばらくのブランクを感じさせないようなコンサートになるん?』
亮『そうですねー、去年の4月5月頃から休んでたところでいかに皆が何をしてたかってことですよね。』
浦々『笑・皆がねー。』
亮『試される、だって多分その中で一番ライブとかやってるのは間違いなく僕やと思うんで、僕が一番成長してないといけないと思うんですけどね。』
浦々『引っ張っていかなあかんわけですよ。』
亮『いやー、引っ張れないですよー。たぶん。』
浦々『なんでー?』
亮『できる範囲で引っ張りますけど、そんな引っ張れないですよー。』
浦々『引っ張っていかないと、日常やってたのって亮ちゃんだけでしょ。』
亮『そうです。134公演やってますからね。』

是非、亮ちゃん、NEWSを引っ張って素敵なコンサートにしてね。
大丈夫、メンバーそれぞれ頑張ってきてたらから。
ただ、踊りに不安を抱えてる人約・・2名。
だ・だいじょうぶ、やればできる子達だから!!


ドームコンの告知。

NEWSコンの間にドームコンがあるけど大丈夫?
浦々『頭の中ってどうなってるんだろー。』
亮『大丈夫っすよ。ほんまに。』
浦々『器が変わっても、その器にあわせて仕事ができちゃうの?』
亮『いやーあわせてるかどうかわわからないですけど、まわりにいる人間が全然違うじゃないですか。エイトやったらおもしろい人ばっかりで、年上ばっかりやし、NEWSは俺が一番年上ですししっかりせなって思いますし。』
浦々『一番年上なんですね。』
亮『そうなんです。まわりの環境が全然違うんで全然大丈夫ですよ。』

歌とかMCの出るところとか全部頭に入っててすごいねーーと言う浦々に

亮『僕、天才ですよ!!』

不敵な笑みを浮かべる亮ちゃん。
左の唇が上がったりして。(笑)

最後はサリューの『風にのる船』?
とガラスの向こうにOKを取る亮ちゃん。

来月は僕達の歌を流してくれると軽い感じで約束してくれました。(笑)
軽いって言うか適当な感じ(笑)
NEWSの新曲だよね。(にやり)

久しぶりにちょっとレポしてみたーーー。
だって、最近はあんまり聞いててうきうきしなかったからな(爆)
どうやらミューパラとしての方向性は錦戸亮って感じみたい。きっとその方が亮ちゃんもやりやすいよね。これからも両方のグループの話やら亮ちゃん個人のお話がたくさん聞きたいです。



また、NEWSの話が出てきたらレポしたいです。
え、エイトの話もレポしろって!?
だってーー、全部のレポはしんどいし、正直エイト情報にはまったくもって疎い日々を過ごしてるので、もうよくわからなくなってきましたー。(爆)
もう、NEWSとF4と仁を追っかけるに精一杯です。(笑)
どうしよー小栗くんのファンクラブとかに入ってたら。てかあるんかそんなの?(笑)
それに、仁病も患っております。お客サマーのDVD、別名仁サマーDVDを毎日見ております。仁は黒髪も素敵だけど金髪も素敵だよ!!
かっこええし、歌うまいしー。
いっつもかちゅんってNEWSにかぶらせてくるから行けないけど、次はかぶらせてきても1公演くらいは入りたいなって思ってますーー。
Dream Boys?あ、あれは欠席します。
コンサートが好きなんだもん。

注意)横浜の当落が始まれば、小栗くんとか仁さまーとも言わなくなるかと思います。
だって、お金だけ徴収されたまだコンサートに行けるって気分じゃないんだもん♪
あ、落選したら? ・・・・・・・ 考えたくない(涙)

ロマンス
2006/11/26 19:35
今日は一日手越祭りしてました。(笑)
手越祭りってなんやねんと言いますと、てごりんが出てるDVDを見続けるって感じ?
はい、暇人です。
ガチバカも、放送終了後、全部をDVDに落とすか、一部を編集してDVDに落とすか悩んだけど、今思えば、神様が、
『あなたは近い将来、手越様に夢中になる時が来るから、全部落としときなさい』ってお告げがあったから全部落としてたんだよーーー。
私ってすごーーーい。
こうなってくると、疾走のDVDも購入しそうな勢い。(笑)
映画だからそんなに高くないから、本当にすぐ買えそうで怖いよーー。
そして、休憩で近くのCD屋へ行って、無事ミソスープ、初回、通常盤予約完了。
予約の紙がなかったら、諦めようと思ったけど、あったからこっそり、ひっそり書いてこっそりとカウンターへ持って行って見ました。
発売後、間違いなく初回盤のDVDを最初に見るな。
今から1ヵ月後が楽しみです!!

やっと、精神的、肉体的にお仕事から解放されたので、ミューパラの簡単なレポしまーす。
本当は、今日ゆっくりレポしようと思ったんだけど、思いのほか手越祭りに夢中になってしまい・・(小声)

先週のミューパラではどうやら亮ちゃんのお誕生日パーティをしてたみたいです。(私が聞き逃した分ね)

浦『亮ちゃん的な仕事ではアテンションプリーズお正月番のロケで忙しい・・・』
亮『はい。ハワイにも行きますし。』

浦『上戸あやちゃんがハワイへ行くと、そして亮ちゃんもハワイへ行くと』
亮『まーなんやかんやの理由があり、ハワイへ行くと・・とさっき言ってますしね。』
浦『ドラマのネタばらしになっているね。普通整備士だから成田空港に亮ちゃんはいるはずですよね。すごい強行で行くんだって?』
亮『はい。もう、すごく、終わって速攻コンサート』
浦『でも、このドラマハワイロケが見所らしいんで、スポーツ新聞とかの記事を見るとね、今回は錦戸亮演じる・・・(省略)錦戸はこう言っている。(ロマンスにも進展があるとかないとかその辺りにも期待して)判で押したようないかにもな新聞記事で(笑)』
亮『ひとつ恥ずかしいのは、若干22歳が、ロマンスって言葉を使ってるのがねー、すごい恥ずかしいですね。(笑)』
浦『あきらかに、事務所サイド、あるいは新聞記者の方が、語ったって』
亮『僕が、恋模様がなんたらかんたらって言ったのを一言でロマンスにまとめたんでしょうね。』
浦『なるほどー。そんな感じでしゃべったのが短くなって、記事を短くするのは大事なんで、ロマンスに進展があるとかないとか・・』
亮『ロマンスって(笑)』
浦『期待しましょう。で、あるんですか?』
亮『いやー、昨日撮ってきましたよ。』
浦『おー。』
亮『昨日撮ってきましたよ。二人で。』
浦『あーそう。その部分ではまだないですよね?』
亮『まだ、ないですね。』
浦『でも、ドラマって順番には撮りませんから。前後、違って撮ったりするんで。それは、ハワイの後?』
亮『いやー、それはなんとなくですね。』
浦『それは進展のある部分?』
亮『ここは、本当にネタバレになるんでねー。』

浦『ハワイいいですねー。でも、すっごい短い間しか行かないだってね。』
亮『そうです。何しようかな?ってめっちゃ考えてるんです』
浦『行ってる間?ロケばっかりでしょ。』
亮『でも、1日目はちょっと楽なんかもしれないですよ。』
浦『あ、そうなん。』
亮『はい。そこで何しようかなーってめっちゃ考えてるんですよ。』
浦『波乗り?』
ジ『ハワイのどこに行くの?』
亮『オアフですね。ホノルル。ワイキキ。(英語っぽく)』
浦『いいわー、その庶民の風情が。ワイキキで喜んでるあたり。』
亮『でも、僕ね昔ハワイね、仕事で1ヶ月くらい行ってたんですよ。』
浦『えーーー!!』
亮『オアフとカウアイ、マウイ、ビックアイランド、あとなんかいっぱい行った。ほとんど行った。』
浦『ロケで?』
亮『ロケで。なんかBSデジタルの開局記念のドラマでやってたんですけど、そん時行って、』
浦『BSデジタルって金あんねんなー。』
(笑)
亮『開局記念でしたけどね。』

その後、ロマンスがあるとかないとか・・でいじられる亮ちゃん。(笑)
そして、浦々に
『見つめて怒らせるとかわいいんですよー亮ちゃんが・・。この瞳がかわいいんですよ。』(笑)
って、あんたラジオでそんな事言われても、肝心な亮ちゃんの顔は見れないじゃんかよーーーー!!


相変わらず、アテプリSPとエイトの第2弾コンサートの予定の話しかでない。
亮ちゃんの来年の予定がそろそろ気になるんだけど・・・。
SHOCKもでないみたいだし。
でも、エイト関係の予定ならどんどん発表してくれるはずだから、予定がないのはいい知らせって思っとこーと。(かなり前向き人間)

で、関西での裸の少年って何週送れなんだろう・・・・・。
私、この番組見たことがないんだけど、てごますが出るなら見なければ・・(必死)

ちょっといい話。
2006/10/29 22:03
いったいなんて寝言を言ったのかが気になるんですけどーーー。

『ママー』とか
『もうお腹がいっぱいとか』
は!!もしかして
『小山愛してるよーー』かしらーーー。

もういいよ。しげ猫日記じゃなくってしげこや日記にしな!!
前回最多出場?と思われるM口くんとかはいずこへ。
恐らく今回は小山が最多出場間違いなしだな。

今回のミューパラは亮ちゃんin広島なり。
やっぱりレポする時間はないので簡単に。(すいません)

亮ちゃんのちょっといい話ーーーなんてコーナがいつの間にかできてた(笑)

広島の厚生年金開館でコンサートがあった時、(9月22日)その日、他のメンバーは夜の公演なんで昼の飛行機に乗って広島入りするんですが、亮ちゃんは朝8:30くらいの飛行機に乗って先に広島入りしましたー。

前々から事務所の人に話してて、原爆ドーム行きたいって言ってたそうです。

亮『小6の時に一度行ったことはあるんだけど、今見たらどう思うんやろーーって思って。』
で、空港についたら、

亮『空港について、何人かファンの人達が待ってたんですが、でも来たん俺一人やからなんやーーみたいな』
浦『一人できよったでーー(笑)』
亮『しかもタクシー乗りよったでー。』
浦『一人やったの。』
亮『完全一人。』
浦『ファンの人もびっくりするよね。』
亮『びっくりですね。普通乗る時とかついてくるんですけど、なんか普通に自動ドアから見送られました。』(笑)

ファンの子も亮ちゃん一人、しかも一人でふらーって来られてびっくりしたんだろうね。
それか、話しかけんなオーラをびしびしに出してたりして。(笑)

それからタクシーで原爆ドームに行って一回りして、石碑?などを見て、平和記念公園の火?のあたりに、一人でぼーと立ってたそうです。
サングラスかけてアホみたいな格好して(笑)
20分くらい何も考えず、そこに書いてある文字を見て鳥肌立ったり、ぼーーとしてしてたそうです。

その夜に太一君の戦争のドラマをやってて、うわーーすごいって思ったそうです。

パーソナリティのおじさんが、是非亮ちゃんに戦争もののドラマに是非出て欲しいって言ってた。

亮ちゃん、ひめゆりの塔に行って本当にいろいろ思ったんだろうな。だから原爆ドームへも行きたいって思ったんだろうなー。
いつか、戦争もののドラマに出ていい演技見せて欲しいな〜。あ、でも私戦争系のドラマは苦手だからな。『約束』って戦争ドラマだったよね・・・。

もうすぐ来年のドラマ決まってくるよね。
またメンバーの誰か出ないかな〜。わくわく。
亀ちゃんみたいなきゅんきゅんドラマ希望します!!

_| ̄|○ ガクーリ。
2006/10/22 01:33
まったく焼き増しをしない私に友達がしびれを切らしたみたいで、
友『もう、私がやるからネガごとちょうだい。あ、Aちゃんが沖縄の写真、私が現像するからフィルムちょうだいって言ってたよ』
と連絡あり。
私『はい。かしこまりました。』
いったいいつから焼き増し&現像しないキャラになったんだろうーーー。
友『前から。』
私『あ、すいません。』
そうなんですよーー、私前から現像はするんだけど、焼き増しはまったくしない子だったんだ。
だって、あれすっごく苦手。
おっかしいなーー、じゃにDVD作るのは結構まめにいろいろするのにーー。



がくーーー、ミューパラ録音失敗した。
な・な・なんでーーー(涙)
Heavenly Psychoがーーーー。最後の曲がHeavenly Psychoだったからさっきまでちょっとうるうるしてたのに、全部ふっとんだ。
やっぱりレイニー買おっかな。
Heavenly Psycho大好きだし。

なんで、覚えてることをちょこちょこっと。

コンサート第2弾について。
亮『第2弾ってなんやねーーん』(笑)
今回のツアーとは内容を変えるそうです。
だって、も56?公演(回数違うかも)もやってるからって。

え!!内容変えるの?じゃあ、行きたい・・けどやっぱあの日程は無理だって。

12月は第2弾コンサートをして、年末には関西テレビでドラマ。
亮ちゃんは2つのドラマにでるんだって。
浦『2つ出ておいしいじゃないですか?』
亮『どうですかね〜』

ドラマ情報に疎い私。そろそろ情報収集しなきゃね。
えーーと横倉ドラマと、すばマルドラマ?ヒナヤスドラマ?
えーーー違うかな?なんかサマスペのMCで聞いたんだけどあやふや過ぎる。

浦『そして、年末はカウントダウンにでますよねーー。』
亮『多分出るでしょうね』

ってことで年内の予定しか紹介なし。
亮ちゃんの来年、特に新年の予定が知りたいんだけどな〜。

カラオケでは何を歌いますか?

亮『藤井郁也さんとか・・・』
浦『TRUE LOVEとか?』
亮『そうです。』
ちなみに、エイトの他のメンバーは、

すばる君はやしきたかじんのやっぱ好きやねん。
やすはコブクロ?(でした?ちょっと曖昧)
大倉君はここぞって時は、森山直太郎の『さくら』
ここぞって時はいったいいつなんじゃ?
ヒナはゲロッパ?
ヨコはパーマン。真面目に歌ってるところは久しく聞いてないんだって。
で、マル、マル、は覚えてないーー(涙)

亮ちゃんが藤井郁也を歌ってるって意外かも。しかもTRUE LOVEですよーー。
わーーー聞きてーー。でもそれを亮ちゃんが知ってるのがびっくり。
でも、多分小学生の頃だよね。
私は・・・・・。

価格ドットコムをずーーーと前から見てるそうです。
きゃ、一緒。私も大好きで良く見てるよ。
でも、一回見たら変なウィルスをお持ち帰り事件があったよね。それからちょっと注意中。
亮ちゃんらしいなー。

前は、花言葉も調べていたみたい(笑)
友達の家でお手洗いに行った時に、トイレットペーパに花言葉が書いてあったのをみて、なんかかっこいいと思って調べたとのこと。
なんこか披露してたけど、忘れた・・・。
亮ちゃんってロマンチックなんだーー。
ちなみに前、しげをお花のイメージで紫陽花って書いたんだけど、紫陽花って心変わりなんだって。えへ。

最後の曲紹介。
亮『関ジャニエイトのHeavenly Psycho。なんかのカップリングです!!(笑)』

もっといろいろ話してたはずなんだけど、私の怪しい記憶力ではこれが限界みたい。
来週は絶対に成功するぞーーー、てかいい加減私のコンポ寿命みたいです。
でも、コンポ買うお金がない・・。

このHeavenly Psychoだーーーい好きなんです。私。
エイトの中では一番かな。
すっごい好きなんだけど、聞くたんびに泣きそうになる。
そして、エキサイトを見るたんびにこれは泣きそうになるんじゃなくって、泣いちゃう。
だって、これマルチアングルの曲なんだもん。
ここは、亮ちゃんじゃなくって、しゃっくんを見ちゃう。
現在は封印中。
早く見たいな〜。

晴れのち曇り。
2006/09/24 21:26
昨日はしゃぎすぎたみたいで、今日もかなりお疲れ。(笑)
あれ、1日2公演を2日間行く元気はまだまだあるつもりなのになーーー。
来年に向けて体力つけとかないと。

HDDもいい加減整理しないといけないけど、当分録画するものもあんまりなさそうなので、ちょっと放置しとこっと。


簡単にミューパラをちょこっと。

Heat up!発売の話になり、初回盤にはもう1枚特典映像、通常盤の方には12ページのブックレットがついてて、これは初回版にははいってないの?という質問に
亮『はいってないです!!』
浦『両方買えってことですか?』(小さい声で)
亮『いやー、俺ブックレットは買わなくてもいいと思いますよ。(笑)』(爆)
えーーという浦々に
亮『でも、そこまで魅力的でボリュウムのあるものでもないしー。』
浦『何を言うんですか、1ページめ開けたら優しい笑顔。この写真。』

亮ちゃんぶっちゃけすぎーー。でも確かにCD2枚買いはありだけど、DVD2枚買いさせる売り方はちょっと・・・だね。でもじゃーにーえんたーていめんともしそう。
でも、どんな売り方でも良いからNEWSも早くライブDVD出して欲しいなー。

最近は何してるの?
松竹座が終わって東京に戻った亮ちゃん。
松竹座をやってる頃は朝9時頃に入って、夜21時頃に出てと太陽を浴びない毎日を過ごしてた。おまけに楽屋にも窓はないそうです。
東京戻って落ち着いて朝の10時ごろから仕事して15時ごろにお仕事が終わるときもあって、そういう時帰って、何しようと思ってギター持ってたら15時頃から24時頃になってるそうです。
前は、出る人だったんだけど最近は引きこもってるそうです。
休みの前の日に、洗濯とか掃除とか食器とか洗って。(笑)
仙台に行く前もちゃんと洗物していったそうですよーー。

関ジャニの中で一番結婚が遅そうという浦々の意見に、
亮『俺絶対に早いと思いますよ!!』(きっぱり)
浦『家好きでまめって事は別にいらないんだもん。そこに入ってくる人が。』
亮『一緒にいたい人がいればずっといますよー。・・・・・彼女がいるわけではないですよ。』
掃除とかやられるのうっとーしいタイプじゃないの?
亮『うっとーしくない。俺も一緒に手伝うよーって』
この間ヤスが家に遊びに来て2人で並んで洗物をしたら早くすんで、その次の次の日に一人で洗物ものをしたら一人ってこういうことかって思ったそうで。(笑)

亮ちゃんと結婚を想像してみた・・・・。
なにやら几帳面で厳しそうだけど、一緒に洗物も悪くないなーー。
でも、ずーっと一緒にいてうっとーしくないのは最初だけ・・・ですよね?(笑)

松竹座とかでは一度もケンカはしなかったけど、亮ちゃんはすぐ顔にでるから『あ、こいついらいらしてる』ってばれるそうで、たまにそれを口にして、後から後悔して誤るそうです。

今日もラジオに来る前に仕事が押して、プロデューサーにわーーって言ってきたそうです。

最後の曲は、マルちゃんが好きな東京事変より『お祭り騒ぎ』(←あってる?)
ビアノがすっごくかっこいいそうです。

私結局、DVD買ってないな〜。(爆)
やじるしを歌ってる亮ちゃんやレンジャーのかわいい亮ちゃん見たかったんだけどね。

すっかりエイトの話満載なミューパラだけど、最初はNEWSの亮、内のラジオだったんだー。今では、NEWSの歌も流れなくなったし、NEWSの話もまったくでなくなったけど(まーNEWSの活動がないから仕方ないんだけど)、来年になったらまたNEWSの歌もそして、NEWSの話もエイトの話と一緒にしてくれるのかな〜。
ミューパラは唯一NEWSの亮ちゃんのお仕事枠(じゃーにーえんたーていめんとでいっつも放送日紹介されてるから)なんでこのお仕事がなんか私の中でNEWSと亮ちゃんをつないでるものって思ってるんですよー。
だから、以前ラジオで亮ちゃんが
亮『事務所の人にミューパラだけは絶対に(仕事を)外さんとってくれ。って』
って言ってくれたのすっごいうれしかったー。しかも4月の放送の時だったから余計にね。
でも亮ちゃんはそんな意味でじゃなくって、本当にパーソナリティーの人とも仲良くやってるから言ってるんだと思うんだけどね。(笑)

いつかまた亮ちゃんの口からNEWSの話題が出るのを楽しみに待ってようと思います。
そん時はどんなに忙しくてもきっちりレポする元気がでそーー。(笑)
ちょっぴりNEWSの亮ちゃんが恋しい今日この頃です。

スペシャル企画?
2006/07/30 01:07
髪を切ってきました。だいたい、コンサートの1週間前くらいに美容院に行っちゃう私って。。
髪って切った後気に入らない時とかあるから、ちょっと余裕をもって1週間前か2週間前に行くようにしてるの。
んで、次2ヵ月後にはエイトの秋こんでしょ?(行けるかどうかわからんけど)んでその次の2ヵ月後には、NEWSコンに合わせて美容に行けたらいいな〜。
てか、お願いしますよ!!社長さん。

今回は、2週間前に言ってたSP企画の回だったみたいでーす。
相変わらず、誤字脱字が多いかと思いますが、気づいたら教えてください。
んで、内容もあいかわらず正確ではないんで、だいたいな感じで読んでください。(ぺこり)


亮『皆さんこんばんは。関ジャニエイトに錦戸亮です!』
大『こんばんは〜、大倉忠義でーす。』
亮『イエイ(笑)って事で今週も始まりましたね。2週間ぶりですね。』
大『2週間ぶりですね。』
亮『そうですね、やってきましたけど。』
大『今週はあの2週間前に言ってたように。』
亮『そうです。』
大『SP企画です。』
亮『そうです。SP企画てんぽく、てんぽこ、てんこ盛りなんでね。(笑)』
大『(笑)はいはいはい。』
亮『今日も頑張っていきたいと思います。もう行っちゃいますか?SP企画いっぱいやる為に。』
大『わかりました。』
亮『はい。今日も宜しくお願いします。・・・聞くジャニエイトおもしろ川柳です。』


サマスペは


亮『いつもこうだよ。』
大『おもしろい。』

亮『SP企画!!ドラマのここだけの話!!』
大『イエイ、イエイ』
亮『普段はここ最近あったここだけの話とかをねやってるコーナーなんですけれども』
大『はいはい。』
亮『僕達2人が最近出演したドラマの撮影現場であったここだけの話を特別扱いでしていきたいと思います。』
大『そうです、ね。』
亮『題してドラマのここだけの話!!』
大『イエイ』
亮『はい。この音楽聞いてもらえばわかるように6月27日には終ったんですけれども、えーーー、アテンションプリーズという』
大『はい。』
亮『ドラマに出てました。(突然笑い出す亮ちゃん)』
大『どうしたんですか?』
亮『くしゃみがでそうでした。』
大『はは(笑)』
亮『はい。このドラマはといいますとあの上戸あやちゃん演じる、お前見たことないやろ。正直』
大『うん?僕1回だけあるな。』
亮『1回だけ?あー俺ん家でか。』
大『そうそうそう。』
亮『でも、お前寝たやろう。途中で(笑)』
大『あのーちょっと酔っ払ってたから、寝てもうたんですけど』
亮『まーまーまー知ってるかも知れないですけど一応説明しときますと、あのー上戸あやちゃんが演じるね美咲洋子という女の子がもう破天荒なボーイシュウな性格でそのCAには絶対に向いてないって言われてることなんですけど、少しずつ洗練されて削られて、削られてそのー一人前のCAになっていくとキャビンアテンダントになっていくっていうドラマなんですけど。その僕が演じてたのはですね空港でみんな仕事をしてるんですけど、その中の整備士、飛行機の整備士をやっていたんですけど、知ってるよな?』
大『いやー見てる。でも何回か見たわ。』
亮『うそー。』
大『ほんまほんま。何か、相武さきちゃんが亮ちゃんの事好きやねんな。』
亮『そう。』
大『そうやねんな。まー僕から聞いたら聞きにくいと思いますが。』
亮『いいよ。聞いて。』
大『これ初めてこの役の話を聞いた時どう思いました?』
亮『(笑)お前にそんなん聞かれたらちょっと恥ずかしいな。』
大『(笑)いやー俺も聞いたことないしな。』
亮『いやーこの話を聞いたときですか?』
大『いつ聞いたん?いつ聞くもんなんですかそういうの?』
亮『いや、僕はなんやったけな?電話とかでしたよ。』
大『あ、そうなんや。』
亮『出るからって言われて、あ、ほんま頑張ります!!って新聞のコメント出すからって言われてどうしよーって僕言ったやつあったんですけど、Tさんって人に。事務所の人に。じゃあ、僕言ったことしょうもなかったんでしょうね。全然違うことになってました。(笑)』
大『(大笑)全然言ってないことが載っちゃった。』
亮『何かー上手いこと言ってました。結局は大空に羽ばたきたいですねーみたいな。』
大『あーなるほどね。』
亮『新聞見たら。』
大『ちゃんとやってくれたんやね。』
亮『やってくれてましたね。』
大『付け足してね。』
亮『でも純粋にうれしかったですよ。すっごい最初っからね現場とかもなんやろ上戸あやちゃんがねすっごいフレンドリーっていう言うか、しゃべりかけてきてくれて、あのー初めて会った時にいきなり(亮ちゃんおはよう)って』
大『えーーマジで。』
亮『うん。』
大『そんなに面識なかったのに?』
亮『そう。でね、おはようございます。って。俺返されへんやん。そんなの。』
大『うんうん。』
亮『あやちゃんおはよーとか』
大『あは(笑)』
亮『で、それが結構続いてて、後で聞いてんけど仲良くなっといた方が雰囲気もよくなるし、絵にも出てくると思うからそういう風にしてたって上戸あやちゃんが。』
大『えーーーーー。』
亮『大人な対応やったんですけど。』
大『すっごいきっちりした子やね。』
亮『そう。僕はそのその仕事相手ってやりやすくやろうと年下やのにやってくれてるわけじゃないですか。僕は言われてちょっとドキってしましたからね。(笑)』
大『(大笑)』
亮『するやろーーいきなり。』
大『いやーするでしょう。ちょっと俺のこと好きなんかな〜って。』
亮『ちょっと思うやろ。でも全然そんなことなかったで。』
大『なるほどねー。大人やったわけやね。』
亮『すっごいね笑いの絶えない感じでね、現場も。もーすっごい楽しかったですよ。たっちょんも出てたじゃないですか。』
大『そうですね。僕の方にいきますか。』
亮『はい。』
大『あのー、いまやってるんですけど、関西ではあのー時期がずれで第3話くらいやってますかね。』
亮『はい。』
大『インテリジェンスという。』
亮『はい。』
大『あのー、ドラマをやらせていただいたんですけど。これねーストーリーを説明しろって言われてもすっごい難しいんですよね。なんか小劇団でやるようなものを劇団演技者でテレビやるっていう。』
亮『ほうほう。』
大『意図でやってるんですけど。まずスタッフさんにあのーこのドラマは劇団演技者で結構何回もやってきたけどナンバー3に入るくらい飛んでる話やからーって言われて』
亮『飛んでる?』
大『あのーいっちゃってるっていうか、話やから。』
亮『独創的ってことやろ。』
大『独創的で、そのー俺も台本読んだ時に“え”って思って、まー意味がわからんかったから、』
亮『どう理解したらいいか?』
大『そう。どう理解したらいいかわからんし、でもやってて楽しいと思うって言われて、』
亮『うん。』
大『で、僕はずーーーーーーーーと風俗の従業員の役なんですけど』
亮『そんな役をやってたんや?(笑)』
大『そうやねん。そんな役やってん。だからON AIRとか見ててもなんか結構きわどいシーンが多いんですよ。』
亮『あ、そうなんや。』
大『すっごい個性的な俳優さんばっかりで、あのー普通にセリフを言い合ってるだけでも結構おもしろくって、話をもらってありがとうございますって言ってる時にスタッフさんにじゃあ、すっごい勉強になるから芝居のって言われて、まーそれでやらせてもらっただけでも勉強になったんですけど、あのね、すごい』
亮『なんや、すごいって何回言ってんねん』
大『すごいねこの演技者ハードなんですよ。撮影が。朝から夜中までやって。で、ロケは1日だけって言う。だから僕結構ね、ほんまセリフは一番少ないんじゃないかってくらい一応座長って言われてたんですけど』
亮『現場で』
大『初座長って事でやらしてもらってたんやけど、あのー全然しゃべらん役やったから、しかもゲームばっかりやってるから、ちょっとやばかってんな。』
亮『ねむいん?』
大『いやー夜中らへんになるとやばいから、ずーーーと腕立て伏せやっててん。』
亮『うん。』
大『てくらいハードでしたね。その割には筋肉がついてませんけど。(笑)』
亮『(笑)ですよねー。いつもどおりな感じですけど。』
大『そうなんですよ。そんな感じでまだあのー、続きがあるんで』
亮『全部見てほしいですね。』
大『是非、見てください。』
亮『で、続きまして、オロナミンCのテレビCM撮影秘話ですって。』
大『しゃべってくれと。撮影秘話。なんかありますか?』
亮『あーー僕は1個ありますけど。』
大『(大笑)ちょっと待ってーー。』
亮『いやーこれ大丈夫でしょう。』
大『いやー大丈夫やけど。大丈夫やな。』
亮『あのねーあの日はね、大倉くんの鼻がえらいことになってたんですよ。』
大『(笑)』
亮『鼻がー組織がむき出しになってたんですよね。』
大『怪我しちゃいまして。』
亮『うん。鼻の頭をね。』
大『まー怪我して。であのーかさぶたになってOKこれでこの上からメイクしたら大丈夫やと思ってんけど、あのーメイクしたら完全に取れて、かさぶたがー。』
亮『かさぶた取れて、鼻だけなんか』
大『メイクしても、してもあのー隠せんくて』
亮『そうそう』
大『もーあれなほんまにほんまに悪いことしたって思ってんねん。2人には』
亮『あー上戸あやちゃんと』
大『上戸あやちゃんと亮ちゃん。その後に隠すためにねまず実の上からメイク塗って、痛い思いしてね。乾いてからもうひと塗りしてね、もうねー付け鼻みたいになってるんよー』
亮『(笑)』
大『しかもそれにすっごい時間がかかって、2人とも待たしたやんか。』
亮『待ってたね。確かに。』
大『なんかー待たしててやばいと思って亮ちゃんまだお前遅いわーって言ってくれたからまだよかったけど、上戸あやちゃんが座ってじーーっとしてたからこれやばいって思って、悪いことしたなーって思って。まー秘話って言うかね。』
亮『悲しい話やな。』
大『悲しいよ。俺なんでプロ意識ないねーって思ったわ。』
亮『なんで?しょうがないやん鼻はプロ意識もくそもないやん。そんな事情わかってくれへんよー。』
大『いやでもCMではちゃんとなってたんですけどね。』
亮『(笑)まーね。ばれませんでしたけど。』
大『ばれませんでしたけど。』
亮『まーよく見ないで下さいね。』
大『(笑)いやーでもすっごく楽しくやらせてもらいましたよね。』
亮『ね。そんな感じですよ。』
大『いい時期CMやらせてもらいましたよね。』
亮『そうですね。夏まっさかりですからね。』
大『まっさかりで一番オロナミンC飲む時やと思うんで』
亮『はい。』
大『是非皆さん』
亮『買って下さい。』
大『どんどん買ってください。』
亮『ほんまにお願いします。はい、ではSP企画ドラマでのここだけの話でした。』


亮『SP企画2沖縄のここだけの話。』
大『わい』
亮『2です。いつもはアドリブエイトのコーナーなんですけど、1回お休みしてこないだ2人で行った沖縄旅行であったここだけの話を特別扱いで聞いていただこうと思います。』
大『はいはい。』
亮『題して、沖縄でのここだけの話』
大『これね言ってたんやけど、沖縄行った事は。でも詳しいことは全然しゃべってないから。』
亮『あ、ほんまに?俺もだってこないだあって、そんなにしゃべらんかったからね。』
大『あ、ほんま?』
亮『あってお前おったやんけ。』
大『うん?』
亮『こないだの。』
大『こないだの?』
亮『2週間前』
大『ほんほんほん。しゃべらんかったね。』
亮『こいつどアホやね!!』
大『(笑)』
亮『まーまず行く馴れ初めですが、』
大『馴れ初め?』
亮『いきさつ?』
大『まー突然3日間休みが入って、』
亮『そうそう、前から村上君と大倉と俺とでどっか行こうって話しててんけどな。』
大『そう、そん時はグアムとかハワイ行こうって話して』
亮『そうそう。で、無理やって村上君が行かれへんくなって俺ら2人で行ってくるでって』
大『ほんで2人でグアム行く?って話しててんけど、2人で外国は怖いから沖縄になって、そっから話は早かったね。決めたんが、来週の3日間が休みやからって言われて次の日くらいには』
亮『そうそうそうやな。だって行く前の日とかに全部予約したもんな。』
大『うん。2人でパンフレット見て、雑誌見てね。』
亮『ガイドブック2冊買ってね(笑)違う種類のやつを。』
大『そうなんですよね。ほんで飛行機の予約を亮ちゃんがしてくれて』
亮『ホテルの予約も僕がして、』
大『俺はレンタカーだけの予約やったんですけど』
亮『そうですよ。』
大『でもそっから、あのー3日間ですよ。どんなことをしましたか?ってことなんですけど。』
亮『こんな時間じゃ足りないですよね。』
大『いやーこれは30分じゃ足りないですよ。全然。どんな事したか詳しく言っていきます?』
亮『じゃあ、1日目からおいましょうか。』
大『1日目』
亮『1日目飛行機を降り立ちまして、』
大『降り立ちました。』
亮『えーレンタカー屋さんに行きましたね。』
大『行きましたね。』
亮『真っ赤なオープンカーを借りましたね(笑)』
大『(笑)そうオープンカーを探してて、どうせやったら日焼けしたらなと思いまして、沖縄では日差し強いから、オープンカーで颯爽と走りたいということで、』
亮『そうそう。』
大『これは僕がいっぱい電話して調べたんですけど、あのーちょうどオープンカーが1台見つかりまして、』
亮『ありましたね。』
大『それ乗って、』
亮『真っ赤なオープンカー乗って、とりあえずは、あそこですよ、なんやったけ?美ら海水族館。』
大『美ら水族館』
亮『沖縄県の北部にあるんですけど、そこに行って、そこまで行くのに日差しが、開けっ放しやってんな俺らずっと。』
大『開けっ放しやった。』
亮『オープンカーでな。ずーーと開けっ放しで、ぐーーっと行って、』
大『上半身裸でね。シートベルトしてね。』
亮『そうやで。そうやでほんまに。』
大『日焼け止めとか速攻買って、で』
亮『薄く塗って(笑)』
大『薄く塗って、(笑)ほんで高速で高速も綺麗ねんなー。』
亮『そうやねん。いちいち綺麗やねん。』
大『1時間くらいかけて美ら海水族館に行って、』
亮『まー見ましたよね。美ら海水族館』
大『どれくらい見てましたっけ?』
亮『20分くらいでしょう。』
大『20分くらいでしたっけ?』
亮『混んでたんですよね。』
大『混んでて。』
亮『中学生の修学旅行生とかがおったりとか、そこで結構わーわー言ってて。』
大『でもでっかい水槽すごかった。』
亮『黒潮ゾーンみたいなところ。』
大『そうそう。』
亮『あそこの水槽、そのでっかい水槽の中にじんべいざめが3匹いるんですよ。すっごいでかくって』
大『あれはすごかったな。見とれてももうたもんな。』
亮『俺も、あれで15分見とれてたもんな。それで、鮫ゾーン行って、』
大『(笑)鮫の仕組み勉強して、でも、なんか沖縄らしさをより感じたかったから俺あんまりおらんかったんやけど。』
亮『あ、そうなん。まーどっちにしても俺らすぐ出て行って』
大『うん。』
亮『北部行ってたのに、南部に俺ら戻って、帰り際に適当に飯食って、』
大『飯食って、それ沖縄料理食ったんですよね。そうそうそこで、沖縄やのに亮ちゃんからあげ定食なんですよ。』
亮『(笑)』
大『俺ゴーやチャンプル定食一応それらしいもの食ってるのに、なんでやねんと。』
亮『あんまり冒険したくなかったんですね。知ってる味を食べたかった。』
大『沖縄満喫しよーって言ってたの、それで飯食い終わって』
亮『車乗って、また高速を来た道を戻って、あれ3時4時くらいやんな。』
大『結構時間経ってたね。むっちゃ遠かったから、次行った所がひめゆりの塔か。』
亮『ちゃうちゃうその道のりで俺らよう見たら右ばっかり焼けてるやろ。』
大『・・そうやな。』
亮『行きの時には右から太陽が、帰りには反対からやから右だけめっちゃ黒いやろ。』
大『あ!そういうことか。』
亮『そうやねん。』
大『あ、そうか。』
亮『あほやな、ほんま。』
大『あほや。なんも考えてなかったわ。(笑)とりあえず焼きたいわーって。』
亮『右めっちゃ黒いねん俺ら。(笑)』
大『ひめゆりの塔行って、』
亮『ひめゆりの塔行きましたよ。ちょうどあれ5時くらいや。』
大『5時が閉園で。』
亮『5時が閉館。ひめゆりの塔行ってねー。』
大『俺あそこ言葉で表されへん。いやでもすごいもん感じてあのー、すごい物々しい雰囲気で、入り口から。』
亮『それまで俺ら大分浮かれてね、爆音でオープンカーで行ってたんですけど、ひめゆりの塔に近づくにつれて、なんかちょっとづつ俺ら黙りだして、音ちっちゃくしていって、駐車場とめる頃には音止まってましたから』
大『止まってましたね。どきどきしてて、入ってそこ、ひめゆりの』
亮『なんか慰霊の日で』
大『そこで何分くらいですか。』
亮『10分くらい。』
大『立ちつくみましたよね。なんかわからんけど。』
亮『立ちつくしましたね』
大『てか、こんな長くしゃべってていいんですか?』
亮『うーん。』
大『立ちつくしまして、僕は手を合わさずにはいられなかったんですよね。』
亮『合わせてましたね。』
大『しかも行ったんがちょうど慰霊の日やんか。』
亮『そうそう。』
大『だから昼間はひめゆりの塔とかめっちゃ混んでたらしんよ。』
亮『うん。俺らが行った時椅子の撤去とかしてたもんな。』
大『そうそう。』
亮『でも人は少なかったよな。』
大『で、資料館に行って、』
亮『閉館間際でしたよ。』
大『俺1回見に行っただけで、耐えられへんかった。』
亮『うーん。耐えられへんかったね』
大『実際触れてみて、こんな現状があったんやっていう。』
亮『もうー、入ったらいろんなどうやって沖縄戦が始まったかとか、どんな風にして沖縄のひめゆり学徒達はどうんな風な生活を送っていたとかね。一人づつ亡くなった人達のね、名前と写真とかがね。』
大『そう。』
亮『写真があって、どんな風にお亡くなりになったとか、全部明確に書いてるんですよ。一人づつ。それー、最後の部屋にそれがあんねんな。』
大『そうやねんな。』
亮『それでねー、僕は速攻、わーー無理って思って出て』
大『あれ無理やと思う。2人とも無理やって、俺車乗って、ずっと泣きそうでなんかわからんけどこみ上げてくるものがあって。』
亮『ありましたね。』
大『で、2人で黙ってな。』
亮『結構どっちかって言うと重たい、重たいって言ったら失礼になっちゃうかもしれへんけど、そういう気分の時に外に出たら無駄に太陽が光ってて空は青くて、もうなんかその時点で涙出そうになりましたね。』
大『あかんかったね。綺麗な所にすごい悲しい話があってのが、まーそんな感じで遊んでは戦争、遊んでは戦争』
亮『そうですよ。触れてね。』
大『なんかもー、意味のある旅行でしたよ。』
亮『そうですね。』
大『結局は。』
亮『また行こうなーって、なー。』
大『楽しかったのもあるし、そういう歴史とかにも触れて、すごい俺沖縄好きになりましたね。』
亮『ですよね。』
大『行ってない島とかいっぱいあるし。』
亮『うん。』
大『これちょっとまた行きたいな〜って』
亮『行きましょうね。ほんまに。』
大『行きましょう。』
亮『行きましょう。じゃあこんな感じでいきますか』
大『はい。』
亮『SP企画2、沖縄でのここだけの話でした。』


亮『えー今回はSP企画1,2ということで、まーこんな感じでお届けしましたけど』
大『はいはい。』
亮『来週からはまたね、普通に戻るんでまたそれぞれのメッセージお待ちしています。SP企画終りましたよ。』
大『楽しんでいただけたんじゃないでしょうか。』
亮『真剣に話しましたけど』
大『こんなに話したん初めてじゃないですか。』
亮『それぞれが話してたかもしんないですけど、沖縄の話は。2人で話すって言うのは初めてでしたからね。』
大『そうやね。』
亮『もう特別扱いでしたね。』
大『この番組だけの、はは(笑)』
亮『まーこんな感じで、今夜は大阪ロマネスクのシングルバージョンを聞いてお別れです。関ジャニエイト錦戸亮と』
大『大倉忠義でした。』
亮『ほなさーいなら。』
大『ばいばい(笑)』


オロナミンCのCM、もう次から亮ちゃんじゃなくって、大倉君のお鼻しか見れない・・・・つけ鼻大倉君(笑)

亮ちゃんと大倉君の沖縄旅行話は何回ラジオで聞いたんだ?・・(笑)
でも、本当にいろいろなことを感じたんだな〜って。
私も、過去に一度ある建造物を見て、立ちつくして泣きそうになったのを思い出した。
ベルリンのブランデンブルク門。
最初は、ドレスデンに行きたいから、友達とじゃあベルリンにも寄っちゃう?って軽いのりで行ったんだけどたどり着いた時に、友達も私も黙り込んでしばし立ちつくしたよ。
写真とかで見た時は小さい普通の門?ってくらいにしか思ってなかったんだけど、いざその場に行くと、すっごく大きくて神々しかった。
そして、この門を通る時に泣きそうになった。今は、普通に誰でも通れるのに、ちょっと前までは命をかけて西ドイツに亡命してたんだなーーって。
軽い気持ちで行ったベルリンで、もっと歴史を勉強してから行けばよかったね〜と友達と後悔したのを思い出しました。
それから、海外へ行く時、特にヨーロッパへ旅に出るときは歴史を勉強して行くことにした。そしたら、全然見る景色が変わってきたな。
そうやって、海外の歴史は興味深く勉強するのに、日本の歴史には無頓着だな〜って亮ちゃんと大倉君の沖縄話を聞くたびに思うな〜。
だって、正直沖縄で、ひめゆりで何があったのかきちんと説明できないもん。
明治維新までは本とかがおもしろいから読んでそれなりに知ってるけど、第2次世界大戦あたりはあえて避けてきたような気がする。
ちゃんと知らないとダメだよね・・。